kaoshasin.jpg

 設計とは気づきの連鎖です。敷地条件や機能的要件はもちろんですが、その場所の歴史やお施主様の歩んで来られた人生、これからの夢や希望、趣味に至るまで、そこには複雑に絡み合った様々な与件が必ず存在します。それらを揉みほぐし、解きほぐしながら、そこに作るべき建物や空間を一緒に探し出し、そこに存在する固有の価値に気づくこと、それが設計でありデザインであると考えます。これらの気づきはそこで営まれる人々の生活を生き生きと変容させる力を持っています。そんなことを基本理念に設計活動に取り組んでいます。

ABOUT

建築家 和久田 幸佑 (一級建築士)

 1980年浜松生まれ。2006年早稲田大学理工学研究科建築学専攻修士課程を修了。 同年戸田建設株式会社に入社し、建築設計統轄部にて大規模再開発、免震構造オフィスビルディングなどの設計を通して建築実務の基本を習得。 2010 年より、フォルムデザイン一央株式会社にて、チーフアーキテクトとして建築デザインに力点をおきながら、住宅、集合住宅、店舗、寺院、オフィ ス、資料館などの民間建築から公共建築まで、様々な用途の設計を担当。2014 年~2017 年は、早稲田大学建築学科にて非常勤講師を務める。2017 年に和久田幸佑建築設計事務所を設立し、現在に至る。

略歴

1999年 3月 海城高等学校卒業

2003年 3月 早稲田大学理工学部建築学科卒業

2006年 3月 早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了

2006年 4月〜

2010年10月 戸田建設株式会社建築設計統轄部計画設計部

2010年11月〜

​2017年10月 フォルムデザイン一央株式会社 チーフアーキテクト

2014年 4月〜

2017年 3月 早稲田大学創造理工学部建築学科 非常勤講師

​2017年10月 和久田幸佑建築設計事務所設立

受賞

2021年 (仮称)白河市物産交流センター整備事業実施設計業務委託

    プロポーザル次点

2021年 第14回建築九州賞(作品賞)奨励作品

2020年 グッドデザイン賞2020

2019年 三島キャンプ場リニューアル基本計画策定・基本設計作成業務

    プロポーザル次点

2018年 さめうら湖周辺整備基本計画等策定業務公募型プロポーザル

​    最優秀

所属団体

日本建築学会

東京建築士会

東京都建築士事務所協会

​建築士賠償責任補償制度(けんばい)加入