Q&A

Q1 建築家に依頼するメリットは何ですか?

A1 それは本当に作りたい空間や場所について、一緒にとことん考え尽くして他には無い、唯一のものを作り込めることにあると思います。お客様のご予算に基づいて、イメージを形にし、あるいはその想像を超えて、デザイン、コスト、性能、品質など様々な側面において、満足頂けるものをご提案したいと考えています。一緒に考える、そのプロセスそのものにも大きな価値があるのではないかと思います。是非一緒に理想の空間を追求しましょう。

 

Q2 相談をするのに費用はかかりますか?

A2 FLOWのページに詳しく記載していますが、弊社では初回提案までは無料とさせて頂いております。まずはお気軽にお問い合わせ頂き、私たちの設計に対する姿勢を知って頂くための面談をさせて頂ければと思います。

 

Q3 土地探しの段階で相談はできるのでしょうか?

A1 もちろんです。土地(敷地)の選定は設計の前提条件となる非常に重要なファクターです。土地購入に先立って、その土地の法令上の要件など、専門的な知識が必要な部分も含めて相談に乗らせて頂きます。

 

Q4 中古マンションを購入し、リノベーションをしたいと思っています。そのような設計もしてもらえるのでしょうか?

A1 もちろんです。中古マンションのリノベーションをはじめ、店舗・オフィスのリフォームや、内装デザインについても設計をしております。何でもご相談ください。

 

Q5 新規事業の立ち上げで、テナントビルの内装デザインをしてほしいと思っています。そのような設計もしてもらえるのでしょうか?

A1 もちろんです。内装デザインはもちろんですが、新規事業内容を踏まえたサイン(看板)デザインやロゴデザイン、名刺デザインなど

   建築を超えてトータルにデザイン提案をさせて頂くことも可能です。

 

Q6 低予算の場合の相談は可能でしょうか?

A6 もちろんです。お客様の予算に合わせて設計を行うことが可能です。例えば、建物規模が大きくなるとその分お金がかかりますが、建物規模を小さく抑えた上で、お客様の必要な条件を満足するための工夫をした設計を行うことが建築家の腕の見せ所でもあります。

 

Q7 やりたいことと予算のバランスはどのように調整していくものなのでしょうか?

A7 まずはこうしたいというイメージや思いを全て設計者に伝えるのがよいと思います。やりたいことを全て列挙した上で、一度見積もりをとってみるのがよいと思います。通常3社程度の相見積もりをとりますが、施工会社によっても見積もり金額に差が出ますし、施工会社の得意不得意によって、どの項目が高くなるかも異なる場合があります。自分のやりたいことと、それにかかる費用を掴んだ上で、優先順位をつけながら、本当にやりたいことを取捨選択していくのが、満足への近道だと思います。

 

Q8 構造設計や設備設計はどうなりますか?

A8 和久田幸佑建築設計事務所には協働する構造設計事務所、設備設計事務所がありますので、お客様で別途手配が必要ということはありません。ご依頼の内容によって、もっとも理想的な編成でチームを組み、お客様のイメージを具体化致します。また、特殊な場合を除き、設計監理料には構造設計監理料、設備設計監理料も含まれるものとして、算出致します。詳細はFLOWページの「費用について」を参照ください。

 

Q9 既存の図面が無いのですが、リノベーション・リフォームは可能ですか?

A9 現地実測に基づきながら設計を行うことは可能です。そういったケースは少なくありません。改修の内容や規模によっては検査済証等の書類が必要となる場合もありますので、細かくは案件ごとに整理する必要があります。まずはお気軽にご相談ください。

© 2020 by Kosuke Wakuda Architects.