正面外観 向かって左側が多目的スペース、右側がバーカウンター
正面外観 向かって左側が多目的スペース、右側がバーカウンター
press to zoom
正面外観
正面外観
press to zoom
店内カウンター
店内カウンター
press to zoom
店内より表を見る
店内より表を見る
press to zoom
トイレボックス
トイレボックス
press to zoom
多目的な土間空間
多目的な土間空間
press to zoom
多目的な土間空間
多目的な土間空間
press to zoom
店内カウンター
店内カウンター
press to zoom
店内内観
店内内観
press to zoom
店内内観
店内内観
press to zoom

コミュニティの接点
HSベース

用途:飲食店舗(カフェ&バー)、多目的スペース

規模:49㎡ 地上7階階建ての1階部分

構造:RC造

所在地:東京都内某所

​街に開かれた多目的スペースを内包するカフェ&バーの計画です。江戸の周縁という立地が持つ場所の魅力を引き立てる場所としてデザインしました。

■ 接点

「HSベース」は、五叉路の交差点に建っている。商店街の起点であり、全ての坂道が集まる場所である。通学路であり、信号待ちの場所であり、駅への近道である。かつてこの道は、参勤交代の花道の始まりの場所であった。江戸の内側だと言う人もいれば、外側だと言う人もいた。明治に入ると、一面の畠にもなった。水運がひかれて、新興印刷業の一大地となった時もあった。三業地として、花街が栄えた時代もあった。この場所は、いつの時代も「接点」として機能していた。

■ 余白

「HSベース」は、入組んだ台地の谷間に建っている。高台は計画的に整備され、低地は無秩序に発展する。残された「余白」は様々なヒト・モノ・コトを受け入れる。「余白」であるから、「接点」でありえたのかもしれない。新しい「文化」は、いつでも「余白」から生まれる。

■ 縮図

「HSベース」は、街の縮図である。徳田秋声の絶筆『縮図』は未完に終わったが、ある置屋を舞台に、戦前末期の、街の、時代の縮図を描き出そうとした。物語に続きがあるのなら、この周縁の小さな「余白」に集まる人々によって、紡がれていくことを期待する。