エントランス
エントランス
press to zoom
エントランス正面
エントランス正面
press to zoom
ロゴ
ロゴ
press to zoom

表層と奥行きが同居する
​初台のオフィスエントランス

用途:事務所

規模:390㎡ 地上54階階建ての26階部分

構造:S造

所在地:東京都新宿区

 初台の超高層ビルに入居する企業のオフィス内装デザインの計画です。

 センターコア型のビルであるため、採光環境のよい外周部に執務空間を優先的に配置し、エントランス空間はおのずから内寄りとなりました。

 

 企業のアイデンティティを示すエントランス空間はその他の部分から切り取られて表層的に演出されますが、一方で空間の広がりとしては背後の執務空間にまで広がる奥行き感のある状態をつくりだそうと考えました。

 

 背後にミラーを仕込んだ浮遊するタイル壁、他の壁と縁を切りながら奥へと続くグラフィックウォール、来訪者を導くカーペットと縁取りの大判タイル、反射により広がるグリッド照明。これらの各要素が空間の表層と奥行きを同居させ、結果的に領域に厚みを持たせることにつながったと思っています。